ご意見について

2019年に節目の100回を迎えたメリッサは、

HSPの当事者である主宰者が手探りで続けてきたHSPの集いです。

ある時こんなご意見を頂きました。


 

Q:話したいことがまだあったのに、

    途中で話を引き取られてしまって…という内容でした。

 

HSPのお茶会を何度も開催してきた中で、

私は自己紹介ではある程度お話が済んだかな?というタイミングで、

話の内容を掘り下げていくこともあります。

これが良い結果につながる場合も数多く経験してまいりました。


 

Q:一言も喋っていない方もいますが、

    話しかけないことがあるのはなぜですか?

 

HSPカフェメリッサには、

そこにいるだけで精いっぱいと思える方も多く来られます。

また、申込まれる際に、

ある程度お話を伺っているという場合もあります。

 

参加されているだけでも十分頑張っていると思いますので、

そんな時は積極的に話しかけることはせず、”そっと”させて頂いています。

近頃はHSP情報の広がりとともに、

HSPであると同時に深い悩み、

メンタルの病気や障害をお持ちの方も来られるようになっていて、

参加される方の背景はより複雑になってきています。  

 

本来なら全員の方にお話しして頂きたいところですが、

その辺りのことは参加者の皆さまにはお伝えしていません。

 

試行錯誤しつつ、

無理のない参加の形を探っています。


 

Q:HSPとHSPでない人との感じ方の違いについて

 

感受性が高いHSPは

日常的に相当量の情報を受け取り、深く処理をしているため、

他の人が気がつかないことに気づいたり、

深い関心を寄せることがあるのは言うまでもありません。

 

HSPであっても同じではないはずです。

そうでない人の場合は、

その違いはもっと大きいかもしれません。 

細かいところは気にならないが、

全体的な捉え方を得意とする人たちもいます。

 

自分が相手を分からないように、

相手もこちらを理解できないのは当たり前のこと。

 

心が疲れた時に道端の小さな花に心和む覚えがありますが、

そんなささやかなことも

感じ方は一人ひとり異なるのではないでしょうか。

 

そんな風に感じる今日この頃です。


 

***

 

HSPカフェメリッサは

HSPで内向型の主宰者が、ここに至る回復プロセスをお茶会という形で

シェアすることを目的としているHSPの集いです。

 

場合によって、主宰者の体験が多く語られることもあります。

 

現在では各地でHSPのお茶会や交流会が開催されるようになりましたが、

メリッサでは2013年からこのスタイルで続けており、ここに至ります。

 

お茶会、交流会、勉強会、いろんな形のHSPの集いがあり、

主宰者により会の趣旨もカラーも異なります。

 

気になるところを見つけたらぜひ一度、足を運び、

自分にとって、しっくりと感じられる居場所というものを

見つけてみてください。